読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なんとなく書いてる

適当に思ったことを書いていくブログ。何かあったらTwitter:@master_mn までお気軽に。

千菅春香DEBUT LIVE「FIRST TRY!」セトリと感想文 -千菅春香がみんなの春香さんになるまで-

千菅春香DEBUT LIVE「FIRST TRY!」
2016年7月9日 16時開場 17時開演
shibuya duo MUSIC EXCHANGE

セットリスト
Break On Through
プラネット・クレイド
愛の詩-words of love-
愛の太陽
希望の花(本人演奏のピアノ弾き語り)
アシンメトリー
リフレイン
絶滅危愚少女
本当の声をあなたに預けたくて-haruka solo ver.-
あなたの春香さん
モモキュンソード
ジュ・ジュテーム・コミュニケーション
TRY! TRY! TRY!

アンコール(桃色ファンタジー振り付け動画が流れる)
桃色ファンタジー
あなたのほほえみ

ダブルアンコール
あなたの春香さん


感想その1『千菅春香と1387日編』
2012年9月22日の初ステージ、東京ゲームショウ内で行われた『マクロス30周年!メモリアルステージ ~だって、伝えたかったんだもん。ハッピーアニバーサリー!!~』から、2016年7月9日のファーストライブまで1387日。
2013年2月27日のファーストシングル「プラネット・クレイドル/ワンダーリング」発売から、2016年7月9日のデビューライブまで1229日。
この日数って遅いのか早いのかはよくわからないけど、それでもこの日数の間に、いろんなことがあったから今の千菅春香がある。
この3年半の中で多くの先輩声優や関係スタッフの方々やファン、そして多数の作品の存在があったから今の千菅春香がある。
そう思うとこの日数はそんなに気にならなくなる。

今年の1月に行われたバースデーライブで千菅さんが
「いろんな作品を通して、それぞれのタイミングで私を見つけてくださったみなさんと一緒にいると、それだけで胸がいっぱいになって、ここにいるみんなと新しい景色を見続けたいと、思わせられます。」
とファンに宛てたお手紙でおっしゃってたんだけど、この3年半はこういうことなんだと思う。
芸能の世界って見せる側が「私を見て!」ってやったとしても、誰かが見ないと何も始まらない。
さまざまな作品のキャラクターの声優として、ゲームやアニメの主題歌の人として、ラジオでのトークをきっかけに、他にもいろいろあるだろうけど、それぞれのタイミングで千菅春香を知り、興味を持ち、ファンになって、その人と千菅春香の今があるって思うと、積み重ねてきた3年半とこれからの未来を感じる。

どのタイミングでも、どういうきっかけでもそれはその人の出会い方だからそれで良い。
千菅春香を知ってくれたこと、千菅春香を見るために今回のライブに行こう!って思ってくれたことが本当に嬉しい。
一人一人のそれぞれの出会いから今があって、千菅春香が『みんなの春香さん』になっていく姿を見ることが出来たからこれまでずっとファンで良かった。




感想2「いつもどおりの曲とかの感想」
書いてて文章の落差が激しくなるのが判明したので感想を分けてみました。
これからもこうしよう・・・

Break On Through
ファーストアルバム「TRY!」の表題曲で、今の千菅春香とこれからの千菅春香を見せてくれる曲。

プラネット・クレイド
イントロが流れる中で「聞いて下さい、私のデビュー曲」みたいなこと言われたらそりゃ泣いちゃうけど、楽しそうに歌う姿を見てすごい笑顔になってた。
泣きながら笑顔になってるのってなんかすごいアレな感じだけど、まあそういうのもあるよ。
この曲でいろんなことがはじまり、今があるって思うとこれからも末永く大切に歌い続けて欲しいし、自分にとっても大切な曲

愛の詩-words of love-
気持ち良い曲、好き
ライブの翌日にあった友人に、千菅春香のライブ行ってきた~!→千菅春香って誰?→SHIROBAKOの人→見てない→アスタリスクのエンディング→知ってる
って流れになったからありがとう愛の詩-words of love-

愛の太陽
シングルに収録されてるとはいえ、キャラソンだからやるのかな~とは思いつつこの曲をやったから、お?今回のライブキャラソンやるの?プラチナジェットとか君との今日、わたしの声とかやるか!?!?って思ったけど~やりませんでした~残念!
キャラソンライブとかカバーライブとかもやってほしいですね。

希望の花
この曲って琴浦さんの1話の時点では千菅春香名義じゃなくて、春香としかエンドロールには出てなかったんだけど、なんとなく千菅春香さんかな?ってなってたのが懐かしいです。
タカヤノリコ!日高のり子酒井法子!みたいな感じで、琴浦春香千菅春香!って感じ、ネタが古い。
今回のライブでは初のピアノ弾き語りにチャレンジということで、幼少期からクラシックピアノやってただけのことはあるな~って感じの弾き語りで聞いてて心地よかったです。

アシンメトリー
今回のライブでやったことが1番意外だった曲かなこれ。
作詞の方も松浦さんだけど、たぶんマツウラとは関係ない松浦さんだと思います。

リフレイン
どういう風に言っていいのか難しい曲だけど好き。

絶滅危愚少女
最初に聞いた時にも思ったけど、変な曲だよねこれ
ドッドゥーンって感じが好き。

本当の声をあなたに預けたくて-haruka solo ver.-
もともとはMay'nちゃんと一緒に歌っていた曲で「夜明けのロゴス」ってシングルにデュエット版は収録されていますので、そちらもぜひ!
May'nちゃんのホールツアーの感想文書こうと思ってたんだけど、ツアー終わって帰路の途中で遠征先の名古屋でバタッってなっちゃって書くタイミング逃しちゃってるのを思い出した・・・
May'nちゃんのホールツアーやシングル2曲目縛りライブでこの曲は何回か生でMay'n版は聞いていたんだけど、千菅春香版はどうなるんだろう?っていうのが発表された時からずっと気になってたし、今回のライブで1番楽しみだった曲かもしれない。
ちっすーが歌ってない部分を歌ってる人もちょこちょこ居た感じがした。
奈々ちゃんのライブのPreserved RosesゆかりんのライブのYou & Meみたいに本人が歌ってないところをファンが歌うのもそれはそれで面白いかもね。
自分は高まってるとモンハンのゲリョスみたいな動きになるから無理です。

あなたの春香さん
変な曲だよねこれ笑、超好き
春香さんコールしててすごく気持ちがいいし、音として綺麗に発声しやすいよね春香さんって、良い名前

モモキュンソード
この日の自分の飲み物はいろはす 桃味でした。
竹達彩奈さんとちっすーが一緒に歌ってるところが見たいです、アニサマとかなんかうまい具合にお願いします...無理か~!

ジュ・ジュテーム・コミュニケーション
この曲の作詞作曲の清竜人はすげえ・・・やっぱり天才だ・・・

TRY! TRY! TRY!
この曲の作詞誰ですか?天才じゃないですか?え?千菅さんご本人なんですか!?
この曲ってすごく今回のライブ「FIRST TRY!」や今の千菅春香をあらわしてる曲だよね。
アルバム「TRY!」に収録されているオリジナル曲ってこれまでの千菅春香のシングルの要素が歌詞に振りまかれてる気がするんだけど、どう思いますか?

桃色ファンタジー
アンコール中に振り付け動画が流れたから笑っちゃうし、何回見てもこの振り付け動画好き。
あと桃色ファンタジーって検索しても上のほうにはえっちなお店しか出てこないのって面白いよね笑

www.youtube.com


あなたのほほえみ
この曲ってカバーなんだね、編曲のコトリンゴさんの名前を見た瞬間に、ライブまで聞くのをやめよう・・・って思って聞いてなかったから今はじめて知った。
別に悪い意味でそういう風に思ったんじゃなくて、とある方のファイナルライブを思い出しちゃうから・・・でもその方からステージ上で受け取ったバトンがあってのこの人のTGSでの初ステージなんだよな~
うん、いろんなものがつながってるんだな~

あなたの春香さん(ダブルアンコール)
もう1曲、なにやりたい?って言われたらワンダーリングって言っちゃうし、言っちゃったし、でもTRY! TRY! TRY!って言おうかとも思った。
でもこの曲が1番今回のライブで楽しかったからいいかな笑
これまでで1番の声で春香さんって呼んで!みたいに言われた時に連番者と、現場系最盛期レベルでは無理だ・・・ってなってた・・・
なってたけど、楽しく春香さんって呼んでました。

まとめ
最高に楽しかったし、聞きたい曲はまだたくさんあるのでまたライブやってください。




感想3『良いライブってどういうライブなんだろう?』
「劇場版 アイカツ!」で主人公の星宮いちごのセリフにすごく心に残ってて好きなセリフがあって

「見に来てくださった方が素敵な明日を迎えられるようなステージにしたいって、自分でそう言っちゃってから、どうしたらいいんだろう?って考えました。
よくあるんです、言っちゃってから考えること。
私が素敵な今日を送れるのは、私にとって大事なみんなのおかげです。
来てくださったみんな、スターライトのみんな、そして私をアイドルにしてくれた大切な先輩のおかげです。
アイドルの笑顔でお腹はいっぱいにはならないけど、今日のステージで心の中が少し暖かくなって、みんなの今日が、明日が、少しでも素敵になったら良いな、そう信じて歌います。
シンガーソングライターの花音さんが作ってくださった新曲です。
聞いて下さい、輝きのエチュード

というセリフなんだけど、良いライブってこういうライブだと思う。
なんでこのセリフをわざわざ千菅春香のライブの感想で引用したかって、そりゃ今回のライブがそういうライブだったから。
アイカツ!本編見なくても、この劇場版 アイカツ!は見れるから見てない人にはぜひ見てもらいたいんだけど、間違って「アイカツ!ミュージックアワード みんなで賞をもらっちゃいまSHOW!」をレンタルしないでね・・・

話を戻すと、今回のデビューライブのタイトル「FIRST TRY!」、ファーストアルバムのタイトル「TRY!」に表されているように、このライブには千菅春香のさまざまなTRY、挑戦があった。
そして「私もTRYしたからみんなも一緒にTRYしませんか」的なことをMCで言っていて、ライブを最後まで見終わった時に自分は「TRYしてみるか!」って気持ちになっていた。
そういう風な気持ちにさせられたのは本当に驚いたし、こういう風になってもらいたいって思いながら演者側がライブしているのに対してそれをそのまま受け止めてその気持にさせられたのってすごいことだと思う。
ライブの日までに結構いろいろと大変なことや辛いことがあってネガティブな気持ちになっていた自分も、今回のライブのことを思い出したら頑張ろうっていう気持ちになれるだろうから、「FIRST TRY!」は最高のライブだった。




終わりに
今回の千菅春香さんのライブを経て、これまでずっと千菅さんのファンで良かったって思ったし、これからもファンを続けていきたいって思いました。
あとこれまで自分に大きな影響を与えてきたたくさんの人達ともいろんなところでつながっているんだなって思ったから、その人達のことも更に好きになれたライブだった。
ライブを見たことによってやる気と元気がもらえたし、またそのうちライブしてくれる日が楽しみです。

まるっ

 

おまけ
1月のバースデーイベントの感想とかセトリとかの

master-mn.hatenablog.com

あと終わった後のツーショットチェキ撮影会の