なんとなく書いてる

適当に思ったことを書いていくブログ。何かあったらTwitter:@master_mn までお気軽に。

ゆかりっく Fesの感想を書いてたらSsL千秋楽からこれまでの振り返りになった話

2018年10月6日・7日に幕張メッセで行われたゆかりっく Fes’18 in Japanに行ってきました。
楽しかったから感想書くか~って思ったんだけど、感想書くのって難しいな~って久しぶりに思って、たぶんそれって人の感想先に読んじゃったからそれに影響された文章書いてたからなのかな?ってなったので、書き直して3回目くらいの文章です。

なんでこんなにゆかりっくFes楽しかったんだろう?ってここ数日結構真面目に考えてたんだけど、やっぱり自分にあった楽しみ方が出来たってのもあるけど、来てた人がみんな楽しそうだったからなのかな~って。
正直なところ、2015年6月のSsLツアーの千秋楽まではそこそこ真剣にファンやってた気がするんだけど、あの公演の最後で何かがぷつんと切れちゃって、そんなに真剣になることが出来なくなったし、ゆかりんって文字でも書けなければ言葉として発することが出来なくなったんですよね。
SsLツアー千秋楽をきっかけに離れていった人って周りにたくさんいるけど、そういうことがあっても今でもちゃんとファンを続けてる人もたくさんいるし、それってやっぱりすごいことだと思う。
だからなんだろうな、あれをきっかけに離れてしまうのもわかるし、本人の活動の変化でファンとして続けていくのが難しかったのも正直すごくわかる。
声優として好きっていうのがなくて、歌手としてしか見てなかったら自分も離れてると思うし、アニマックスのCMのナレーションを聞いてて、やっぱり声が好きだな~って思ってなかったらあそこで離れてたんだろうね。

でもやっぱり歌手としてのあの人も好きだから、2017年8月のアニサマで久しぶりに歌ってるところを見れたときはめちゃくちゃ嬉しかったし、幸せだったな~。
応援してる人がつらそうにしてるのってやっぱり見ててしんどいし、逆に元気に楽しそうにしてるのを見れるのって嬉しい。エスパーじゃないからそのときに何を考えてるかわからないし、見えてるものだけを深読みせずに見るようにしてるからそう思うのかもだけど、やっぱり目に見えるものは大きい。

そういうことがあってからの2017年の9月の横浜アリーナでの久しぶりのライブの*Crescendo ♡ Carol*、2017年の6月のファンクラブイベントについての記述がないのは外れたからだよ。
僕は王国民みんな仲良しイェイ!俺たちみんな仲間だぜ~!ってタイプじゃないし、あんまり人と仲良くするのは上手じゃないから仲良くできそうな人としか話してないけど、それでもファンの人がこの日を待ち望んでた姿とか、楽しそうに物販に並んでる姿、開演を待ってワクワクしてる姿を見れるのはいいよね。
ライブなんて結局自分が楽しめればなんでもいいとは思ってるんだけど、それでも見ず知らずの周りの席で同じライブを見てる人たちが楽しそうにしてる姿はやっぱりこっちまで楽しくさせてくれる。
だから1人で来てて隣の席で楽しそうにライブ見てた人が餌付けタイムでうさぎの人形取れたのなんか嬉しかったな~トロッコから投げるタイミングで明らかにその人に狙って投げてね???って思ってたから、投げて変なところに飛んでいったけど、取ろうとした他の人の手に当たって綺麗にその人のもとに届いたときには感動してしまったな~
そう思うと普段隣の席の人と話すことなんてほとんど無いけど、横浜アリーナの2日間は珍しく隣の席の知らない人と話してたな。
横浜アリーナなんかあと書くことあったっけなって思ったけど、勇気をくださいが聴けたのが嬉しかったな~マクロスのオタクだから聞きたいってずっと言ってたから。

話が一旦それる
2014年の3月20日中島愛ちゃんが無期限活動休止しちゃったときに、オタクやめるか~って思ってたんだけど、その年の2月15日から3月30日にかけて行われてた田村ゆかりさんのツアーが楽しすぎて楽しすぎて、ま~やめられなかったよね笑
やめられなかったし、あの時にこの人のツアーやってなかったら多分それこそいろんなものがバキって折れてたと思う。
声優としての姿が好きだからって上で書いたけど、この人のファンとしてSsLから横浜アリーナでのライブの間もファンを辞めずに待ち続けることが出来たのって、ここで助けてもらったからもあるのかな~って。
話を戻す。

横浜アリーナのCCからの武蔵野の森総合スポーツプラザのTPまでの間になんかいろんなのあったけど、趣味が実際の仕事に結びつくのはすごいな~って。
サッカーはサンフレッチェが好きです。
焼肉を食べに行って帰ってきたら何を書こうと思ってたかを忘れたけど、天壇の焼肉ランチは満足度が高いのでおすすめです。

2018年2月24日・25日・27日の*Tricolore♡Plaisir* 、初日は明治神宮球場で野球してたら涙のループが歌われてチーンになったから単発は全日行ったほうがいいよ、これはガチ!
FFC広島・大阪での涙のループの存在が自分の中で大きすぎて、FFCのライブ円盤に入ってる名古屋での涙のループの映像を見てないんだけど、このライブで見てたらどんな気持ちになってたんだろうな~と今更ながら思う。
曲についての話をすると、このライブの中心になった「Princess ♡ Limited」と「恋は天使のチャイムから」は名盤だと思う、ガラスの靴にMoonglowとSweet Trapとか無限に聴けるし、Sweet Trapに関して言えば、結構長く活動してるのに今の音楽を取り入れてくるところとか相変わらずながら、ま~すごい。
2日目がアリーナ席の後ろから3列目とかだったんだけど、こんな僻地シートでもめちゃくちゃ楽しかったって思って帰れるたってやっぱりこの人の持つ魅力だよね。
ライブにおいてセットリストや座席って要素でしかなくて、ステージ上の人間が見せてくれるものの力が強ければそういった要素とか関係なく楽しめると思ってて、改めて田村ゆかりさんのパワーを感じてしまった・・・最強すぎる・・・

このライブで大きな転機になったのって、本人が今の活動のことを余生のつもりでやってるって言ってくれたことなんだよね、良い意味ですごく気持ちが軽くなったな~
余生としてのライブだけど、こんなにしっかりと作り上げたものをやってくれるんなら、それには応えるのがファンとしての~なんじゃないのかな~とも思うけど、余生だからこそこちらも気楽に見ることが出来て正直肩肘張って見なくていいからすごく楽しい。
このことで気持ちが100%戻った!って言ったら嘘になるけど、やっぱり好きだな~っていう気持ちにちゃんとなれるようになったから嬉しかったな。
正直このことに関しては、僕があーだこーだ言うよりもこのインタビュー読んでもらった方が良いかなって。この記事のインタビュアーの臼杵成晃さんのされるインタビューは本当に安心して読めるし、自分がインターネットから離れてたころにも臼杵さんのTwitterを見るためだけのアカウントがあったくらいには好きなライターさん

natalie.mu



そんなこんなで2018年10月6日・7日に幕張メッセで行われたゆかりっくFes
最初にこれが発表されたときには「ゲスト誰なんだろう?」とか思ってたけど、ま~さか~全部のゲストを田村ゆかりさんと田村ゆかりさんに似た人たちで構成してくるとは思ってなかったな、あとMotsuさんとTHE冠さん。
冠徹弥さん出てきたときは「やべぇ!!!クラウザー様だ!!!本物だ!!!」ってなっちゃった、デトロイト・メタル・シティの映画久しぶりに見ようかな。
自分が声優としてのファンの割合が強いみたいなことを上で書いてたけど、出演者の中に田村ゆかり(Voice Actress)ってあったときは嬉しかったな~、これ書きながら1番好きなキャラクターってなんなんだろ?って振り返ったけど、アニマックスのCMのナレーション!!!ってなったのには自分でも笑っちゃった。
タイムテーブルにYouTuber田村ゆかりって書いてあったときはさすがに笑っちゃったけど、本当にYouTuberみたいなことしてて実際に現地で映像見てて笑っちゃった。

今回のライブではカバー曲を結構やってたんだけど、その場で初めて聴くことになる曲の歌詞をちゃんと聴き取れる歌を歌ってくれる人はやっぱりすごい。
歌において自分が重視するのって曲調よりも歌詞だから、知らない曲を聴くときに歌詞がきちんと聴き取れない歌を歌う歌手は正直聴いててしんどい。
田村ゆかりさんはきちんと聴き取れる歌を歌ってくれるからエグい、初めて聴く知らない曲のはずなのにグサグサ刺さってくる。
グサグサ刺さってるとかいうめちゃくちゃ頭の悪い人みたいな言葉を使って書いてるけど、なんて書いたらいいんだろう?その場の空気感と歌ってる本人のオーラが曲に乗っていて、カバーなのにちゃんと曲を選んで歌ってるからこそ、その曲たちの歌詞が本人の思いのように感じさせられてた。
深読みオタクみたいなことを言ってしまった。

あとなに書きたかったんだっけ、ゆかりはゆかり♡ってすごい曲だよねってことか。
恐い曲だな~と思う。
ずっと一緒だよ?って歌詞では歌ってるけど、でもずっと一緒なんてことありえないことだと思ってるし、自分か相手のどちらかはいつかいなくなるから今一緒に過ごせる時間を奇跡みたいなものだと思って一緒に過ごせる時間、これまでに過ごしてきた時間を大切にしないといけないことを感じさせられる。
一緒にいられなくなった時にふと聴いたときのことを思うと本当に恐ろしい。
*Sunny side Lily*でこの人はステージから消えてしまうのではないのかと思ってしまったからこそ、こうやって振り返ってきたから思うのかもしれないけど、*Crescendo ♡ Carol*でステージに、ファンの前に戻ってきた人が歌うこの曲は恐ろしい。

ゆかりはゆかり♡って、ファンに見せている田村ゆかり、見せていない田村ゆかり、そのどちらも田村ゆかりであるってことを歌った歌だとも思ってるから、いろんな姿をして出てきた今回のフェスの最後の曲で歌ったのって正直ずるいよね。


あと書きたいことってなんかあったかな~~~
思いつかないからこんなところでいいか!!!!

大橋彩香Special Live 2018 ~ PROGRESS ~ 感想とセトリ

・セットリスト
ドラムパフォーマンス
NOISY LOVE POWER☆
ハッピーメリーゴーランド!
ENERGY☆SMILE
希望フォトグラム
ユー&アイ
バカだなぁ
Sentimen-Truth
うたたねのラブソング(Acoustic Ver.)
勇気のツバサ(Acoustic Ver.)
I knew the end of love
Break a Liar
Break My Jail
Maiden Innocence
バンドパフォーマンス
ワガママMIRROR HEART
ABSOLUTE YELL
流星タンバリン
シンガロン進化論

アンコール
イカイカすぜ☆クラーケン子ちゃん
明日の風よ
YES!!

・感想その1 雑にダラダラ書いたやつ
5月27日にパシフィコ横浜国立大ホールで行われた大橋彩香ちゃんのライブに行ってきました。
2015年の忘年会で「大橋彩香の強みって何だと思う?」ってずっと大橋彩香ちゃんを応援しているファンの人に聞かれたことがある。その時にははっきりした答えが出せなくて、2016年の1stワンマンライブが終わったあとにも答えが出なかったんだけど、今の大橋彩香の強みは「現時点での最強の大橋彩香のパフォーマンスを見せてくれるのと同時に、これからも更に進化していく大橋彩香の未来を感じさせてくれるところ」なのかなって今回のライブで思いました。

大橋彩香ちゃんのワンマンライブに行くのって1stライブぶりで、今回も重なり重なったイベント(大好きな中島愛ちゃんの乙女歌謡に関するトークイベントと大好きなSURFACEの再結成ライブ)のどれに行こう?ってなってた時に行ったNOISY LOVE POWER☆のリリースイベントでの質疑応答的なのでファンの人からの「7枚目のシングルだけど、1stシングルのYES!!から変わったことはありますか?」って質問に対して、「まだまだ表現の勉強中だけど、今の大橋彩香の表現のすべてを出し切った」って答えてたところと「YES!!の時よりも音楽活動に前向きになって、プロデュースされてるだけじゃなくて会議とかにも参加するようになった」って答えてたのが大きな行くきっかけだったのかも知れない。
その時点での最高を見せてくれる人は正直たくさんいる。でもその時点での最高の景色と同時に最高を超えた未来を感じさせてくれる人ってそんなにいないよな~ってのがずっとオタクをやっていて思ってることの1つではあるんだけど、大橋彩香ちゃんはそれを感じさせてくれたから本当にすごい。

1stアルバムの起動~Start Up!~には多くの人のパブリックイメージとしてあるであろう「元気で明るくて可愛いはっしー」がいて、最近発売された2ndアルバムPROGRESSには「成長した大橋彩香」がいた気がする。ライブに行くかどうするか悩んでいた時に2ndアルバムの先行配信がはじまって、大橋彩香ちゃんのファンの方々がみんなそれぞれいろんな感想を持っていて、じゃあそこまで言うんなら聴いてみるか~って聴いてみたら、ま~即ライブのチケットくださいってチケット余ってた友人に言っちゃったよね。2ndアルバムPROGRESSを引っさげたライブなんだから、発売してすぐのこのタイミングで聴くことが出来るPROGRESS楽曲、そんなん聴きたいに決まってるし、あそこで行くことを決めてよかったなってライブが終わってからずっと思ってる。
2ndアルバムは大橋彩香が吸収してきたり、自分の中で作り上げてきたいろんな表現を、誰かの真似としてではなく、大橋彩香自身のオリジナルとして表現してきたものだと感じれる内容だったから最高。

・感想その2 曲の感想
1.ドラムパフォーマンス
西武ドームで宙吊りにされながらギター弾いてるバンドメンバーは見たことがあるけど、あんなに高い位置にリフターで上げられてドラム叩いてる声優は初めて見たかな。
最近バンドリから大橋彩香ちゃんに興味を持ってソロの方にも来てみたんです!って方とお話する機会があったから、そのことを思い出しながら聴いてた。出演作品からソロの現場に人を呼べる声優はすごい。

2.NOISY LOVE POWER☆
最初に来るだろうな~って思ってたけど、本当に最初に来て笑っちゃった。
歌詞がめちゃくちゃ好きで
鏡の前じゃ冴えないわたし だけどちゃんと知ってるの
キミの前じゃ可愛くなれる キミとだから無敵になれるよ
ってところが最強に最高で好き。愛のパゥワーの歌詞のところが愛のパワーじゃなくて愛のパゥワ~なのとかも好き。僕の推しは中島愛、愛のパゥワ~は救い

3.ハッピーメリーゴーランド!
楽しい、タオル曲になるか客席で歌うかどっちかだろうな~って思ってたけど、タオル曲になってた。
大橋彩香ちゃんが更にめちゃくちゃ大きい会場に行くことになった時にこの曲トロッコに乗って歌いそうだし、その姿を見てみたいな。

4.ENERGY☆SMILE
マジモンのマスターピース、本当にこの曲はすごいし、ポニーテールは正義それ
聴くだけで笑顔になっちゃうし、自分が聴くのはかなり久しぶりだったんだけど、その時よりもかなりバージョンアップされていて、この日の勝ち確定を感じた1曲。

5.希望フォトグラム
ライブ中にスマホのカメラで撮ってその場で会場のスクリーンに映し出されてたんだけど、あれどうやってやってたんだろう?すごくハイテク。
「まだまだ変わっていく未完成パノラマ」って今の大橋彩香って感じがする歌詞で好き。

6.ユー&アイ
みんなで踊ろう振り付けソング、イントロから本当にすごい。
この曲も歌詞がめちゃくちゃ好きだし、歌詞と曲調と振りが全部最高で最強。
CDのときにはあまり意識して聴いてなかったコーラス部分をライブだと意識して聴いてた1曲

7.バカだなぁ
ここまで幸せハピネスだったし、1個前の曲は片思い幸せソングだったのに、この曲で急に雰囲気が変わってきた。
「君のいる明日に戻れるなら この先何もいらない」って過去と現在と未来が混ざってて面白い。
まあ戻れないんだけどね。

8.Sentimen-Truth
正直この曲はもっとあとに来ると思ってたし、この曲のイントロがかかった時に、「あ、このライブもう終わりなのか」って思ってしまった。
この曲が終わりに向かっていくに連れて感情の高ぶりが歌に込められていくのが聴いている側にも伝わってくるからすごい。

9.うたたねのラブソング(Acoustic Ver.)
前2曲が息を止めて聴くような曲だったから、やっと落ち着いて心穏やかに聴ける曲が来た。
アコースティックコーナーの2曲はバンドメンバーのコーラスも混ざってて、ライブならではの心地良さを感じてた。

10.勇気のツバサ(Acoustic Ver.)
アップテンポの激アツ曲をアコースティックアレンジでライブで披露してくれる現場は神。アコースティックコーナーではしっとりした曲、穏やかな曲をやらなきゃいけないなんて決まりはないし、激アツアップテンポ曲の方が原曲との歌い方や演奏の変化を大きく感じれるから大好き。

11.I knew the end of love
こういう情念って感じの曲好きなんですよね。
もう何年かしたあとにこの曲がどういう風に変化しているかが楽しみ

12.Break a Liar
この曲を最初に聴いた時の感想→中島愛と対バンしてくれ
ハンドマイクではなくヘッドセットマイクで踊りながら歌ってる姿を見て、この曲は更に進化できる伸びしろみたいなのを感じちゃった。

13.Break My Jail
BreakからBreakに繋げてくるか~

14.Maiden Innocence
2分46秒〜2分56秒がMay'nちゃんの運命の太陽の親戚

15.バンドパフォーマンス
最強、オタクライブのバンドパフォーマンスの中でこれまで聴いてきた中でも特に良かった

16.ワガママMIRROR HEART
曲としてすごく綺麗なのにオタクがお猿さんになってる曲、目の前の在宅っぽいおっさんですらそういうコールしながらペンライト高速回転してて笑っちゃった。

17.ABSOLUTE YELL
大橋彩香ちゃんの1stライブからの成長を特に感じた曲。
この曲は結構聴いてるはずなのに、なんかすごく新鮮に感じられた、やっぱり好きだな~。

18.流星タンバリン
1stアルバムから2ndアルバムへの架け橋的な感じの曲で好き。
「元気出したい時には呼んでよ 呼ばれなくても行っちゃうから覚悟して」って歌詞が好き。

19.シンガロン進化論
壮大なことよりも君との毎日が大切なことを歌ってるところが本当に好きだし、そういうところから本当に大きな愛を感じる。

アンコール
20.イカイカすぜ☆クラーケン子ちゃん
アンコールしてる最中に前の方に居たオタクがイカのかぶりものしてて笑っちゃった。
この曲好きなんだけど、セトリに組み込みにくそう、アンコールや衣装チェンジとか何かを挟んでからの1曲目ってところでしか歌いにくそうだと思うんだけど、どうなんだろう?また聴きたい

21.明日の風よ
この曲すごいよね~大橋彩香の節目節目でこの曲を聴くたびに一番変化を感じる1曲。
あとアコースティック版じゃなくて原曲版で生バンドで聴けたのが嬉しかったな。
どんな時に歌ってもその時の「今の大橋彩香」を1番感じれる曲だからこれからもずっと歌っていって欲しい。

22.YES!!
超絶かわいいヒロイン彩香
ライブで「わたしごと未来なんだ」ってところに力を入れて歌う歌い方が好き。
大橋彩香ちゃんは「会いたいくらいの才能」に満ち溢れてるからいつでも会いたい。


・感想その3 最後に
やっぱり大橋彩香ちゃんはすごい。
この子は本当に行けるところまで行って欲しいって思ってるんだけど、そういう未来を思わせてくれるだけじゃなくて本当に連れて行ってくれそうな気しかしてない。
今回のライブ、めちゃくちゃ良かったしこれがゴールですって言われたらそれはそれで納得しちゃうくらいの出来だったのに、このライブですら通過点の1つとしか感じさせないくらいにはこの子の未来が楽しみ。
今回のライブ行ってよかったです。

まるっ!

ご報告 〜パパラ宿のみなさんへ〜

5月5日に劇場版 プリパラ&キラッとプリ☆チャン ~きらきらメモリアルライブ~を見て、飛び飛びでしか見てなかったアイドルタイムプリパラを全話見ることを決心し、5月7日に視聴開始したアイドルタイムプリパラを本日5月21日に全話視聴完了しました。

アイドルタイムプリパラの放送当時は夕方にご飯を作る合間にたまに見てるくらいで、途中から好きな声優さんがレギュラーで出るからもうちょっと真剣に見るか〜レベルにランクアップしたけどたまにしか見てない状況でした。

劇場版 プリパラ&キラッとプリ☆チャン ~きらきらメモリアルライブ~の初日舞台挨拶にプリディーリズムシリーズの各シリーズの主役の声優さんたちが登壇されるので映画を観に行ったところ、真剣にアイドルタイムプリパラを観てなかった自分にすら伝わるレベルで圧倒的なエモーショナルに殴り続けられ完全に敗北してしまいました...

アイドルタイムプリパラに勝つためにはアイドルタイムプリパラを全話見るしかねえ!!!」

固い決意のもと観始めたアイドルタイムプリパラ、全話完走したけど完全に敗北してしまったし、観てるうちにどのキャラクターも好きになってて毎回毎回本当に楽しかった...

テレビをつけると暗いニュースばかりやっている気がしてたから、これほどストレートに夢を見ることを伝えてくれる作品を見て忘れてた何かを取り戻したような気持ちになってます。

「なりたい自分にプリズムジャンプ!」って気持ちを完全に取り戻した!!!!