読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なんとなく書いてる

適当に思ったことを書いていくブログ。何かあったらTwitter:@master_mn までお気軽に。

DIGIMON ADVENTURE FES. 2016のセトリと感想

DIGIMON ADVENTURE FES. 2016
2016年7月31日・ オリンパスホール八王子
出演者
花江夏樹(八神太一役)・坂本千夏アグモン役)
三森すずこ(武之内空役)・重松花鳥(ピヨモン役)
細谷佳正(石田ヤマト役)・山口眞弓(ガブモン役)
田村睦心(泉光子郎役)・櫻井孝宏(テントモン役)
吉田仁美(太刀川ミミ役)・山田きのこ(パルモン役)
池田純矢(城戸丈役)・竹内順子(ゴマモン役)
榎木淳弥(高石タケル役)・松本美和(パタモン役)
M・A・O(八神ヒカリ役)・徳光由禾(テイルモン役)
荒川美穂(望月芽心役)・森下由樹子(メイクーモン役)
宮崎歩
AiM

セットリスト
brave heart~tri.Version~ 宮崎歩

Beat Hit! 宮崎歩
Break up! 宮崎歩
I wish〜tri.Version〜 AiM
an Endless tale AiM・和田光司
和田光司メドレー) AiM・宮崎歩
The Biggest Dreamer
ターゲット〜赤い衝撃
ヒラリ
FIRE!!

Seven〜tri.Version〜 AiM・宮崎歩
Butter-Fly 出演者全員


感想1 和田光司さんと水谷優子さんの話
こういうことを書くと変な感じもするんだけど、和田光司さんと水谷優子さんって本当に亡くなられちゃったんだなって実感させられたイベントだった。
役者の方や歌手の方が亡くなっても直接的に関わりがあるわけじゃないし、作品を通してその人に触れることがメインだし、亡くなられても作品を見たり聴いたりすることでまたその人に会えるから亡くなっちゃったっていう実感が湧きにくいんだよね。
だからお亡くなりになったっていうことを聞いた時には本当に寂しかったんだけど、その後も和田さんや水谷さんの声に触れて元気をもらっていたからまだお二人が居らっしゃる感覚で毎日過ごしていた。
でもその場所にいてもおかしくない人がいなかったり、その人と親しい人が亡くなった人のことを話している姿を見ると、本当に亡くなられてしまわれたんだなっていう実感が湧いてきた。
それってやっぱり寂しいんだけど、いつかは向き合わなきゃいけないことだし、その人達のことを思い出した時に、楽しい思い出が多かったなって思えたのならそれはそれで良いのかもしれない。
思い出は過去の存在だけど、今を生きるための力であり、未来に何かを繋げていく力でもあるって感じた。
人が亡くなって悲しくて下を向いたとしても、その人達が残したものは上を向くための力になるってすごいよね。

感想2 イベントの感想
デジモンのファンとしてすごく楽しいイベントだった。
tri.になった時に選ばれし子供達の声優さんが変わってしまってどうなるんだろう?って思ったこともあるんだけど、パートナーデジモンの声優さんはそのままだったから、この人達が引っ張る?って言ったら変かもしれないけど、この人達はそのままだからあんまり違和感なく見ることが出来た。
舞台挨拶では選ばれし子供達の声優さんが舞台に立たれることが多かったから、自分がパートナーデジモンの声優さんたちをデジモンのイベントで見るのはこの日が初めてだったんだけど、テレビアニメが放送された当時から17年くらい経ってはじめてキャラクターの声をしている人たちを見ることになるとはこれまで1回も思ったことがなかった。
だからあの櫻井孝宏さんがテントモンの声やってるなんて全然信じてなかった・・・
信じてなかったのに目の前で櫻井さんの口からテントモンの声が出てきた時には衝撃を受けたよね。
コードギアスのスザクや響け!ユーフォニアムの滝先生とテントモンが同じ声なんてありえなくない?ありえてしまったことというか、事実だったことが恐ろしい・・・
櫻井孝宏・・・恐ろしい声優だ・・・

トークテーマとしてはまあよくある感じだけど、パートナーデジモンの声優さんたちが近所のおばちゃん的な感じのテンションで選ばれし子供達の声優さんたちとトークしてるからめちゃくちゃおもしろかった。
池田純矢くんが竹内順子さんをガード下のおでん屋に飲みに誘ったけど、いまだに連絡先も教えてもらえず、日程が決まらないって嘆いてた話で、こういうチャラい見た目の男には連絡先や住所を教えるのは危険だから気をつけなさい!って言ってた竹内順子さんがすごく面白かった。
池田純矢くんの演じる丈や、彼の代表作の海賊戦隊ゴーカイジャーのゴーカイシルバー・伊狩鎧役はそんなにウェイウェイした感じのキャラじゃなかったけど、伊狩鎧の後に演じた牙狼-GARO- 〜闇を照らす者〜での蛇崩猛竜 役やイベント当日の彼の見た目は完全にパリピのウェイだったし笑

それから選ばれし子供達とパートナーデジモンの声優たちが全員揃ってるのって大きいよね。
選ばれし子供達とパートナーデジモンがいてこそのデジモンアドベンチャーだし。

感想3 ライブの感想
宮崎歩さんの歌もAiMさんの歌もずっと聴いているけど、生で聴くのは初めてだったから嬉しかったな。
I wish〜tri.Version〜の時にAiMさんが天国にいる水谷優子さんに向けて歌っていたり、an Endless taleではステージ上に和田光司さんのマイクが用意された状態で歌われてやっぱり来るものがあった。
その次の和田光司メドレーではAiMさんと宮崎歩さんによって和田光司さんのデジモン主題歌の数々が披露され、曲の途中では観客にマイクを向けて一緒に歌う姿もたくさん見ることが出来たし、マイクを向けられてないところでも観客も歌って、会場中みんなで歌っていたのが印象的だった。
個人的にはヒラリとan Endless taleとSevenは和田光司さんが歌っているところを生で聴くことが出来なくて後悔していた曲だからAiMさんと宮崎歩さんによって聴くことが出来て良かった。
特にSeven〜tri.Version〜は和田光司さんの最後の曲で、またAiMさんと宮崎歩さんがコーラスとして参加されていた曲なんだけど、やっぱり好きだなこの曲。
もともとのSevenはButter-Flyのカップリングとして収録されていた曲で、このCDが発売された当時の自分はButter-Flyより好きで聴いていた曲だったから、一生聴けないと思ってたんだけど、AiMさんと宮崎歩さんによって聴くことができて本当に良かった。
「何だって 出来るように なれるよ時の中で」っていう歌詞が「泣いたって 出来るように なれるよ時の中で」っていう歌詞だと勝手に当時思っていて、何を言ってるんだこの曲は・・・って小学生ながら思ってたんだけど、その後何年かして歌詞を見て本当の歌詞を知った時は笑っちゃったな。
そして最後の出演者全員でのButter-Fly、出演者全員というか会場全員での合唱って言った方が良い気がする。
そこに彼は居なくても、彼の魂はそこに居るっていう感じだったな。
良いイベントだった。

まるっ